header

初心者講座⑨〜「Amazon」倉庫に出荷するための作業〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

Amazon倉庫のバイトは
激務と言われている、

山田 優です^ ^

「ピッカー」は秒刻みの
スケジュールだそうです。

恐ろしいですね(笑)

Amazonに出荷するための事務手続き

Amazon倉庫に出荷するには、
事務手続きが必要になります。

「今からコレらの商品を
倉庫に送りますよー!」

とAmazonに通知する
ための作業ですね^ ^

では、
私が実際に仕入れた商品を
例にやってみましょう!

①新規の納品プランを作成

・商品登録の「保存して終了」をクリックした後の画面からスタートです。

商品登録は初心者講座⑧
をご覧ください^^

※混合在庫を取り扱うかどうか質問された場合、必ず「混合在庫は取り扱わない」を選んで下さい。

02 商品登録したあと新規の納品プラン

・「新規の納品プランを作成」にチェック

・「個別の商品(異なる商品で構成)」にチェック

・右下の「続ける」をクリック

※一つ納品プランを作ったら「商品登録」画面に戻って、手元にある商品の登録を繰り返します。

全て登録し終わったら、②の「数量を入力」画面に進みます。

※二つ目以降の商品は「既存の納品プランに追加」にチェック

「既存の納品プランに追加」がなければ
「新規の納品プランを作成」にチェック

→小型商品、大型商品で納品プランが別々になります。

②数量を入力

04 数量を入力

・商品の右にある空欄に数量を入力する

※全て同じ数量の場合、一番上の空欄にその数量を入力

・右下の「続ける」をクリック

③梱包要件を入力

05 梱包が必要タブから出品者

・左上の「梱包が必要」タブをクリック

・「出品者」を選択

・右下の「続ける」をクリック

④納品ラベルを印刷して貼付

08 ラベルが印刷できたら続ける

・「A判24面(35.0mm×66.0mm)」を選択

・「ラベルを印刷」をクリック

※ラベルはこちらがオススメです。
コクヨ カラーレーザー インクジェット ラベル 貼ってはがせる KPC-HH124-20

07 印刷ラベルデータ

・印刷されたラベルを、商品のバーコードが隠れるように貼る

・右下の「続ける」をクリック

⑤納品の確認

09 納品を作成する

・「新規作成」を選択

・右下の「納品を作成する」をクリック

10 納品作業を続ける

・「納品作業を続ける」をクリック

⑥発送準備

今回は「FBAパートナーキャリア」
で発送する手順を紹介します。

これは、
Amazonと日本郵便が提携して
実現した発送方法です。

・送料が安くなる
・売上から送料を相殺してくれる

などのメリットがあります。

ちなみに現在は、
FBA納品時の配送料無料キャンペーン
をAmazonが行なっています。

※小型商品は「10点以上」、大型商品は「1点以上」の納品が条件になります。

無料期間は、

2017年2月1日(水)〜
2017年12月31日(日)

までになっています^^

ではでは作業の
続きになります。

11 トップと1と2

・配送方法「通常配送」を選択

・配送業者「FBAパートナーキャリア(日本郵便)」を選択

12 3のみオプション選んだ後

・輸送箱のオプションを3つの中から選ぶ

・輸送箱の「重量」と「寸法」を入力

・「確認する」をクリック

13 4配送料計算する

・「計算する」をクリック

14 4パートナーキャリアに同意

・配送料の金額が表示されるので、問題なければ「FBAパートナーキャリアの利用規約に同意します」にチェック

・右下の「請求額を承認」をクリック

15 4と5

・「配送ラベルを印刷」をクリック

・印刷プレビュー画面が開くので印刷

16 01 配送ラベルを印刷

・ラベル部分のみ切り取って、ダンボールの上にセロハンテープで貼り付ける

※ラベルの右下に「混在したSKU」と書いてありますが、無視して大丈夫です。

16 02 配送ラベルを印刷

・この着払い伝票は、ダンボールと一緒に郵便局員さんに渡してください。

・ラベルと着払い伝票の二つが印刷できたら、右下の「配送状況の確認」をクリック

⑧最終確認

17 出荷済みとしてチェック

・さいごに「出荷済みとしてチェック」をクリック

これで完了です!

あとは、
郵便局にダンボールを持っていくか、
集荷依頼をすればOKです。

ネットでの集荷依頼は、こちらからお願いします。

Web集荷サービス

ここまでお疲れ様でした!

あとは商品が反映される
のを待つばかりですね^^

FBA配送料無料キャンペーンの裏側

今年の2月1日よりスタートした、
「FBA配送料無料キャンペーン」

これにはAmazon側の
思惑が2つ潜んでます。

・荷物を全国の倉庫に分散させたい
・少量しか納品しない荷物を減らしたい

都内近郊のAmazon倉庫は、
どこも荷物でイッパイです。

なので、

「首都圏に集中する荷物を
全国の倉庫に散らしたい」

このように
Amazonは
考えました。

そのために、
配送料無料という「エサ」
撒いて出品者を誘導します。

私は案の定、そのエサに
喰らいつきました(笑)

ヒトは、
自分に「メリット」
感じないと行動しません。

ヒトを動かしたければ、
その人にとってのメリットを
提供すればOKです。

「登録してくれた人には
限定プレゼントがあるよ」

とか

「購入してくれた人には
稼げるノウハウあげるよ」

とかですね。

でもそのウラには、
必ず別の目的が潜んでます。

仕掛ける側になるか?
仕掛けられる側になるか?

立場を変えるだけで、
世の中の見え方は
ガラッと変わります。

仕掛ける側になって、
自分が想い描く人生を
歩んでいきませんか?

毎日が刺激に
溢れてますよ^^

第⑨回まとめ

・FBAパートナーキャリアは今年いっぱい無料
・混合在庫は絶対に取り扱わない
・メリットを感じないと人は行動しない

【ブログ更新31日目】

kakuekiyamada