header

初心者講座⑪〜「モノレート」の使い方(グラフ編)〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

モノレートがないと
仕入れができない、

山田 優です^ ^

目利きで仕入れる
商人はスゴすぎます(笑)

「モノレート」とは?

モノレートは、
Amazonで売られている商品が
「いつ」「いくらで」「いくつ」
売れたかわかるスゴアプリです!

英語にすると、
「When」「How much」「How many」
になります!

英語にした意味は
特にナイです(笑)

これを見て仕入れることで、

「在庫リスクほぼゼロで
仕入れることができます」

江戸時代の商人が聞いたら
ビックリたまげますね!

「モノレート」画面を見てみよう

これがモノレートの画面です!

モノレート全体

何だかよく分からない
線がウネウネしてます。

上から順に説明
していきますね!

・最安値
・出品者数
・ランキング
・モノレートユーザー

①最安値

最安値

これは、

みどり色 = 「新品」
オレンジ = 「中古」

を表しています。

「新品」と「中古」の
最安値相場を表している
グラフになりますね!

このグラフを見て、

「だいたいこれ位の
値段で売れるかな?」

と予測して仕入れたりします。

そのくらい、
Amazonの価格相場
って変わるんです。

②出品者数

出品者数

これは、
商品を出品している人数
の推移を表しています。

さっきと同じで、

みどり色 = 「新品」の出品者数
オレンジ = 「中古」の出品者数

を表しています。

出品者の数が多いと、
「自分の商品を早く売りたい」
と思う人が値段を下げます。

すると、他の人もツラれて
商品の値段を下げ始めます。

その結果、
「価格競争」
が始まります。

出品者が多すぎる商品は、
慎重な対応が必要なのです。

③ランキング

ランキング

正直、
「ランキングのグラフ」
がイッチバン大事です!

これを見て、

「仕入れる」
「仕入れない」

の判断をしています。

グラフがカクカク
波打ってますよね?

一度「カックン」
と下がっていれば、

一回、商品が売れた
ことを意味しています。

つまり、

「カクカク波打ってる回数が
多ければ多いほど売れている」

ということです。

ちなみにこの商品は、
三ヶ月で11回売れたと
見てわかります。

うーむ、、、
ほんと凄アプリです。

④モノレートユーザー

モノレートユーザー

これは、

「そのモノレートを
見たユーザーの数」

を表しています。

つまり、

「仕入れを考えてる
ライバルの人数」

が分かります。

ユーザー数が多い日は、

・チラシに掲載された
・誰かが商品を紹介した

可能性が高いです。

その変動具合をみて、
仕入れ判断する時もあります。

「モノレート」のマメ知識

モノレートを見て仕入れる前に、
覚えて欲しいことがあります。

それは、

「ランキングの上位にいるよりも、
グラフがカクカクしている方が大事」

という事です。

ランキングが1000番台と
いい商品があったとします。

でも、
グラフがカクカクしてなければ、
売れてないことを意味します。

また、数ヶ月ぶりに商品が売れて
ランキングが上がる時もあります。

「ランキング上位よりも、
グラフが波打ってるかどうか」

これを頭の片隅に置いて、
仕入れ判断して下さいね^^

第⑪回まとめ

〜「モノレート」の使い方(グラフ編)〜

・緑色は「新品」オレンジ色は「中古」を表す
・ランキングよりもグラフの「カクカク」が大事
・「モノレート」は仕入れを助ける神アプリ

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新33日目】

kakuekiyamada