header

「エゴ」との戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

日頃から雑念に
囚われている、

山田 優です^ ^

あなたも考えすぎて
あたま疲れてませんか?

エゴとは?

今日はちょびっと
心理学的なお話し。

せどりとは関係ないので、
すっ飛ばしても大丈夫です!

皆さん「エゴ」
って知ってます?

みなさんの中にも
エゴは潜んでます。

「天使の声」と
「悪魔の囁き」って
聞いたことあると思います。

その悪魔の囁きが、
「エゴ」になります。

エゴを発達させるもの

エゴは「ネガティヴ思考」
が大好きです。

特に好きなのがこの5つ

・罪悪感
・不安感
・自虐
・怒り
・評価

「ミスしてほんと申し訳ない、、」
という罪悪感

「お金がない、今月どうしよう、、」
という不安感

「俺はどうせ、ずっと貧乏さ」
という自虐

「ほんと、あの言い方アッタマくんな!」
という怒り

「あなたの考え方は間違っている」
という評価

これらネガティヴな思考
全てが「エゴ」であり、
狡猾で陰険なやつなんです。

エゴを客観的にみる方法

私はエゴを認識した時、
その思考が発生した
原因を探っています。

これは頭で考えてもダメです。

客観的にみて「認識」
することが大事なんです。

その方法は、

「紙とペンを持って
今、思っていることを
すべて紙に書き出す」

これだけです。

イライラしてるときは、
汚い言葉も遠慮せずに
どんどん書いて下さい。

相手に伝わらなきゃ
いいんです(笑)

ほんで、
もう書ききれないよ〜って位、
自分の思いをブチまけて下さい。

なんだかスッキリします。

そして、書いた内容を
客観的に見てみて下さい。

自分が胸に抱くモヤモヤ
の原因が見えてきます。

「あ〜オレ(私)はこんな
ことで悩んでいたんだ」

と見て認識する
ことが出来ます。

認識するだけでいいんです。
ムリに解決しなくてOKです。

ブチまける時のコツ

自分の思いをブチまけるとき、
ちょっとしたコツもあります。

それは、
「自問自答」するように
書くということです。

例えば、
フトした一言で相手を傷つけ
罪悪感に苛まれたとします。

「なんであんなこと
言っちゃったんだろ?」

「アイツがあんな
こと言うからだっ!」

「でも、あそこまでキツく
言う必要なかったよね、、」

「次に会った時に
ちゃんと謝ろっ!」

こんな感じです。

ゆずれない自分を
認識して赦してあげる

そして反省することで
罪悪感は薄れていきます。

この本がキッカケ

私がこの方法を
編み出したのはこの本が
キッカケです。

◆ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

目次でいうと
「メモ書きの効能」
の部分です。

雑念に囚われている時は、

「思考を吐き出して
それを見て認識する」

これだけでいいんです。
認識することが大事なんです。

・頭の整理ができない
・雑念に囚われている
・モヤモヤが晴れない

こんな苦しみを抱いてる方は、
ぜひ紙とペンを持って実践して
みてください^^

あなたの苦しみが
少しでも晴れることを
祈っております!

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新54日目】

kakuekiyamada