header

青色申告に便利な会計ソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

青色申告に
四苦八苦の

山田 優です^^

サラリーマンは
とても楽ですね!

経理のお姉さんが全部
計算してくれますから(笑)

今日は青色申告に便利な
会計ソフト
をご紹介します!

もしかして、手書きしてる
人もいるんですかね?

頭が上がりません・・・

会計ソフトの種類

会計ソフトには、
クラウド型インストール型
の二つがあります!

クラウド型は、

クレジットカードや銀行口座の
取引明細を同期・連携できる機能
が特徴ですね!

取引情報を吸い上げて
勝手に仕分けしてくれるので
めちゃくちゃ楽です!

インストール型は、

現金取引が多い人
に向いています!

インターネット環境がなくても
使えるところがいいですね!

ただ、Macに対応していないソフト
が多いので、私にはネックです(^^;

なので、私はクラウド型の
ソフトを利用してます!

クラウド型の会計ソフト3つ

クラウド型の会計ソフトで
有名な3つをご紹介!

・freee(フリー)
・MFクラウド確定申告
・やよいの青色申告オンライン

私は色々みて
MFクラウド確定申告
にしました。

最初、やよいにしようかなぁ〜
と思って登録もしたんですが、

Macは取引明細の同期・連携が
できないとのこと!!!

普段から家計簿に
Money Forward(マネーフォーワード)
を使っていたので、

同じ会社の
MFクラウド確定申告
にしました。

使い心地はどうか?

うん!
正直めちゃくちゃ
使いやすいです!!

クレジットカードは

・エポスカード
・楽天カード

を使って仕入れしているのですが、
どちらのクレカも対応しています。

銀行口座は

・三菱東京UFJ銀行(生活用)
・住信SBIネット銀行(事業用)

の二つを使い分けているのですが、
こちらも連携可能です。

ただ、三菱東京UFJ銀行は
1ヶ月分しか取引明細が見れない
とのこと!

なので、
去年の取引は全部
手打ちになります

メンドクサァーーー!!!
と思いましたが、

生活用なので入力する
項目がほぼありません。

生活用と事業用の口座は分ける
ことをオススメしますよ!

こういう時に、
分けておいて良かったぁ〜
と実感します。

入力画面

これがMFクラウド確定申告の
仕訳帳画面になります。

取引日・金額・適用(何に使ったのか)
は自動で取得してくれます。

私がやるのは
勘定科目の入力だけです。

せどりをしている人であれば、

・仕入高(商品の仕入れ費用)
・売上高(Amazonからの入金)
・経 費(レンタカーやツール代など)

この3つの勘定科目が
多くなると思います。

クレジットカードや
銀行口座の取引をみて、

これが仕入れ、あれが売上げと
分ければいいだけですね。

ほんとこのソフト作った
人に感謝しかありません!

この調子だと3日くらいで
青色申告は終わりそうです。

もし、青色申告で苦しんで
いるのであれば、ソフトを
利用することをオススメします!

こんな便利な機能があるのに、
使わないのもったいないです。

ちなみに、
月額800円です。

これは投資です

お金を投資して
時間を買うんです

時間ほど、この世で価値
のあるものはないですよ^^

まとめ

・会計ソフトにはクラウド型とインストール型がある
・過去の取引を同期・連携してくれる機能を使うべし!
・お金は時間を買うために投資するもの

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新10日目】

kakuekiyamada