header

「独立前の資金」を調達する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

独立すると何かとお金の
問題に直面する、

山田 優です^^

まずは当面の生活費を確保することが、
精神衛生上おすすめです。

ざっくりどの位が必要か?

あくまで私の場合ですが、
年間でこれ位は欲しいな、と
独立して率直に思いました。

生活費 20万 × 12ヶ月 = 240万

事業費 60万(パソコン、スマホ、ネット代など)

__________________

合計 : 300万

リスクや開業資金が少ないと言われる、
ネットビジネスでこれ位ですからね・・

ただこんな大金、ほとんどの人が
持っていないと思います。

(私は無一文で独立・起業しました)

資金ゼロでの独立は、精神衛生上
ぜっっったいに、よろしくないです!

私のマネはして欲しくないので、
独立前の資金の調達方法を
これからお伝えしたいと思います。

お国から融資してもらう

これが一番始めにオススメする、
資金の調達法です。

具体的なところはコチラ

日本政策金融公庫(にほんせいさくきんゆうこうこ)

新規に事業を始めたい人であれば、
女性・若者・シニアの方でも積極的に
融資をおこなっています。

女性、若者/シニア起業家支援資金

融資が通りやすい人の特徴としては、

・事業経験がすでにある人

・クレカや公共料金の遅延がない人

こういう人であれば、担当者も安心して
お金を貸し出すことが出来ます。

お金を貸す側はサラリーマンなので、
「貸したお金が返ってこない」
というリスクは絶対に避けたいものです。

上の条件を満たしている人であれば
「信用」があるので、
安心して貸し出せるってことですね。

お金は信用で出来ている

不思議なもので、お金がある人の所には
お金がどんどん集まるようになっています。

これ、なんでですかね・・?

これは多分、その人自身に
「信用」があるからです。

スティーブ・ジョブズはApple
という製品を通じて、

柳井正さんはユニクロ
という衣類を通じて、

たくさんの人に価値提供しているから、
「信用」を得ているんですよね。

それが対価として「お金」
になっているんです。

なので、

「お金」 = 「信用」

であると言えます。

お金持ちになりたければ、
まずは信用される人間に
ならなきゃですね・・

肝に銘じておきます(汗)

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新135日目】

メルマガ限定プレゼントのお知らせ

現役せどらー達と力を合わせて作成した、
限定スペシャルノウハウをプレゼントします!

内容はこんな感じっ!

①実際に仕入れできた100店舗1000以上の商品リスト

②現役せどらーが作ったせどりに役立つアプリやノウハウ

③Amazonのアカウントやカテゴリー申請解除の方法

↓↓気になる方はコチラからどうぞ↓↓
【メルマガ読者様・限定プレゼント!】

kakuekiyamada