header

日本が誇る「セーフティネット」3層

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

日本には3層のセーフティネットが
存在する、

山田 優です^^

刑務所という第4のセーフティネットは
割愛します・・(汗)

第1セーフティネット 雇用保険

もしリストラされて仕事が
なくなったら・・

かなり焦りますよね?

でも大丈夫!

日本には、
失業した人を守るべく
「雇用保険」
という仕組み
があります。

失業した後の3ヶ月分の生活費は、
国から支給されるようになってます。

リストラなどの「会社都合」であれば
すぐに支給されますが、

それ以外の「自己都合」の場合、
3ヶ月の給付制限があります。

この3ヶ月がわりと長くて、
じれったい期間になります。

第2セーフティネット 総合支援資金

もし失業から3ヶ月経っても仕事が
決まらなかった場合、
第2セーフティネットを発動できます。

それが
「総合支援資金」
という
やつです。

ただこれは「支給」ではなく
「貸付」がメイン
になります。

なので、いずれ返さなきゃいけない
お金になります。

次の仕事が見つかるまでの、
ドーピングに過ぎないです。

ただこれで、最低でも6ヶ月間の生活費を
確保することは出来ます。

本当に困っている人には、ありがたい
制度になります^^

第3セーフティネット 生活保護

これは最終手段なので、安易に
発動しない方がいいです(汗)

巷でよく聞きますねが、あまり
いい印象はありませんね・・

ただ本来は、
病気やケガなどで働けない人を
保護する制度
なので、
なんら恥ずかしいことではないです。

問題なのは不正に受給する人たちと、
手厚すぎる保護内容
です。

生活保護になると、

「公共料金」の支払いが免除されます。

「家賃」が支給されます。

「医療費」もタダです。

極め付けに、

「住民税」と「年金保険料」も免除です。

な ん じゃ そ りゃ ー ! ! !

って感じですよね?

こんな甘い生活を1度でもすると、
ほとんどの人が
ここから脱出できないそうです。

ある意味で、ものすごく怖い制度ですね。

今日は日本が誇る3つのセーフティネット
をご紹介しました!

第4のセーフティネットだけは、
絶対に使わないでね(汗)

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新150日目】

〜メルマガ読者限定プレゼント〜

現役せどらー達と力を合わせて作成した、
限定スペシャルノウハウをプレゼントします!

内容はこんな感じっ!

①実際に仕入れできた100店舗1000以上の商品リスト

②現役せどらーが作ったせどりに役立つアプリやノウハウ

③Amazonのアカウントやカテゴリー申請解除の方法

↓↓気になる方はコチラからどうぞ♪↓↓
【メルマガ読者様への限定プレゼント!】

kakuekiyamada