header

アルバイトに潜む「103万円」「130万円」「141万円」の壁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

アルバイトをする人は
3つの壁にぶち当たる、

山田 優です^^

これ3つともちゃんと壁になっている
意味があります。

それぞれこうなってま〜す

第1の壁 103万円

もしアルバイトで
年間103万円以上お金を稼いだ場合、
第一トラップが発動します!

それが
「扶養控除」と「配偶者控除」です。

ざっくり説明すると、

扶養控除:学生アルバイトさんが受けられる控除

配偶者控除:主婦パートさんが受けられる控除

になっています。

ただ、103万円以上のお金を稼いだ場合、
この控除対象から外れます。

その結果、
親御さんや旦那さんの所得税が増えて
税金が増える、ということなんです。

第2の壁 130万円

次に年収が130万円を超えた
場合ですが、ここで
最大のトラップが発動します!

それが、

「健康保険」と「年金」です。

主婦さんはどちらも払わなくていい、
という特権を持っています。

(うらやましい・・)

でも、年収が130万円を超えた瞬間、
二つとも払う義務が出てきます。

人によって違いますが、合算すると
馬鹿にならない金額をとられます。

なので、月10万円くらい
お小遣いがあればいいかしら〜

という奥様は、年間で130万円以下
に抑えるのがベストです。

余談ですが、

20歳を過ぎた学生さんにとって、
年金の負担って重たいですよね?

実は、在学中であれば年金を先送り
できる制度があったります。

「学生納付特別制度」とググって
調べてみてね〜

第3の壁 141万円

ここでまたもや、主婦パートさんに
トラップが発動します!

それが、

「配偶者特別控除」です。

141万円を超えた瞬間、この
控除対象から外れます。

その結果、
旦那さんの所得税が増えて手取り
が減る、ということですね。

でも主婦パートさんの中には、
ガッツリ稼ぎたい!
っていう人もいたりしますよね?

そんな人の場合、

年収で175万円以上、
(月に14万5000円以上)
稼いだ方がいいです。

じゃないと、
130万円以下のときと手取りが
ほぼ変わらないからです。

今日はアルバイトの裏に潜む、
3つの収入の壁をお伝えしました!

主婦パートさんはよ〜く注意
してくださいね!

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新151日目】

〜メルマガ読者限定プレゼント〜

現役せどらー達と力を合わせて作成した、
限定スペシャルノウハウをプレゼントします!

内容はこんな感じっ!

①実際に仕入れできた100店舗1000以上の商品リスト

②現役せどらーが作ったせどりに役立つアプリやノウハウ

③Amazonのアカウントやカテゴリー申請解除の方法

↓↓気になる方はコチラからどうぞ♪↓↓
【メルマガ読者様への限定プレゼント!】

kakuekiyamada