header

失業後に「家賃を補助」してもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

離職するといろんな補助を
活用することができる、

山田 優です^^

日本ってほんと・・
恵まれてます!

離職すると家賃を補助してもらえる?

これは日本にあるセーフティネットのうち、
第2セーフティネットを発動すると使えます。

詳しくはこちらのブログでどぞ
日本が誇る「セーフティネット」3層

その制度はズバリ・・

「住宅確保給付金」

と言います。

各市区町村にある、
「社会福祉協議会」が
窓口になっています。

給付にはいろんな条件がありますが、

・離職から2年以内の65歳未満の方

・就労能力および就労意欲のある方

であれば、給付の対象になります。

興味ある方は、お住いの社会福祉協議会に
問い合わせてみてね〜

いくら補助してくれるのか?

お住いの地域や世帯、状況によって変わりますが、
世田谷区だと上限金額はこのくらいになります。

単身世帯 : 53,700円

2人世帯 : 64,000円

3人世帯 : 69,800円

これ、かなり助かりますよね?

しかも、失業手当と併用して
受け取っても大丈夫です。

つまり、
失業手当と住宅確保給付金を合わせると・・

ざっと20万円くらいの給付を
受け取ることができます。

(3ヶ月という期間限定ですが)

たぶん、ほとんど人が
知らなかったと思います。

そのくらい日本って恵まれた国
でもあるんですよね。

どんな失敗をしても、諦めなければ
リスタートはできるんです。

いつでも這い上がることはできる

たぶん世の中には、

リストラされたら終わり

とか

借金したら人生終わり

と考えてる人がいると思います。

私も、そうだと信じて疑いませんでした。

でも、

それらはいつの間にか刷り込まれた
「幻想」であることに気づきました。

リストラとか借金を抱えたらしんどいです。
辛い想いを、たくさんするかもしれません。

でも、希望さえ失わなければ
這い上がることはできるはずです。

気持ちがポッキリ折れない限り、
なんとかなるもんです。

1日1歩ずつ、進み続ける
ことが大事ですね^^

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新156日目】

kakuekiyamada