header

らくらくメルカリ便で発送してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!

Amazonで売れない商品を
メルカリに出品してみた、

山田優です^ ^

状態がビミョウな商品は
メルカリに出品してます。

メルカリに出品して売れた商品

私がメルカリに出品して
売れた商品はこの二つ

・Appleのワイヤレスキーボード
・BRAUNのシェーバー

Appleのワイヤレスキーボードは、
メルカリで仕入れたら説明書が
付いていませんでした(笑)

この状態でAmazonに出品したら
悪い評価つけられてしまいますね。

BRAUNのシェーバーは、FBAで
「危険物と見なされてる商品」
になります。

なので、残念ながらFBA出品
することができません。

どちらも、
メルカリで仕入れて
メルカリで売りました。

原点回帰ですね(笑)

らくらくメルカリ便とは?

これはメルカリで利用できる
配送サービスになります。

実際には、今話題のヤマト運輸が
商品の配送をおこなっています。

ではでは、私が実際にやってみた
配送手順を見てみましょう^^

実際にサークルKサンクスで発送してみた

①「Kステーション」を見つける

私の場合、自宅近くにサークルKサンクスが
あるので、そこから発送してみます。

こいつがKステーションです。

最初ATMと間違えました(笑)

②右下の「荷物を送る」をタッチ

画面の右下にある「荷物を送る」
をタッチします。

③取り扱いサイト画面が出てくる

取り扱いサイトの画面が表示されるので、
ここは右下の「次に進む」でOKです。

④QRコードをスキャナにセットする

Kステーションに付属しているスキャナに、
スマホのQRコードをかざします。

QRコードは、メルカリの取引画面から
「コンビニで発送」を選ぶと表示されます。

⑤「受付番号」を入力する

私の場合、スキャナーがなぜか
QRコードを読み込んでくれませんでした。

仕方ないので「受付番号」
を手入力しました。

入力が終わったら右下の
「次に進む」をタッチ

ちなみに、
「受付番号」と「パスワード」は
QRコードの下に表示されています。

⑥「パスワード」を入力する

「受付番号」を入力した後は
「パスワード」を入力します。

入力したら右下の「次に進む」をタッチ

⑦「配送状況の確認」画面が表示される

配送情報が間違って
いないか確認します。

匿名配送を指定したので、
「匿名配送のため表示されません」
と表示されています。

購入者からすると自宅の住所が
バレないので安心ですよね^^

配送情報を確認したら右下の
「受付表発行」をタッチ

⑧「受付表」を印刷する

「受付票を印刷します。よろしいですか?」

と表示されるので「はい」をタッチ

受付票がピローっと
出てきます。

ではこれを持って
レジに向かいます。

ちなみに、
30分以内にレジで手続き
する必要があります。

⑨レジの人に「受付表」を渡す

先ほどピローっと出てきた
受付票をレジの人に渡します。

ちなみに
配送料をレジで支払う
必要はありません。

配送料は
売上金から天引き
してくれます。

あと発送する際に、
「サイト連携CVS袋」
というものを受け取ります。

写真は撮り忘れて
しまいました(笑)

この袋を商品に貼り付けて、
店員さんから受け取った
伝票を入れれば完了です!

面倒な手間いらずなので、
ホントらくらくですよ♪

発送したあとは?

発送が無事に終了したら、
購入者に「発送通知」をします!

メルカリの取引画面から
進めていきますよ!

発送通知の手順

①「商品の発送をしたので、発送通知をする」をタップ

②商品を発送しましたか?と表示されるので「はい」をタップ

③「商品の発送を通知しました」と表示されて終了

このように、
メルカリの取引画面から
配送状況が確認できます。

いちいちお問い合わせ番号とか
入力する手間がないのです。

こういう所もホント
らくらくですね^^

らくらくメルカリ便のまとめ

・ファミリーマート、サークルKサンクス、ヤマト営業所で使える
・配送料は商品の売上から自動的に引いてくれる
・配送状況はメルカリのアプリ上で確認できる

ではでは明日のブログで
またお会いしましょう!

【ブログ更新22日目】

kakuekiyamada